任意整理のメリット・デメリット

任意整理するうえで知っておきたいメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリットをご紹介します

知っておこう任意整理のメリット・デメリット

 

任意整理の最大のメリットとデメリットはなんでしょうか?
私なりに考えてみました。

 

まずはメリット

任意整理の最大のメリットはやっぱり返済額・利息の減額です。
これはTOPページでも紹介しましたが確実に元金を減らせるようになり毎月の返済の負担が大幅に軽減されます。

 

また2010年以前の法改正前のいわゆる「グレーゾーン金利」で借りている方は
過払い金が発生しているケースがあります。
過払い金というのは現在の法以前の29.2%でお金を借りていた場合、
現在の金利に引き下げると多く払いすぎている分を返金してもらえるというものです。

 

返済しようとしていた借金が戻ってくるので、こんなにうれしいことはありませんね。
私も一社ありました。
この過払い金が発生している場合、同じ借入業者に融資してもらうことはできませんがブラックリストに登録されることがありません。

 

そしてデメリット

デメリットは信用情報機関に事故情報が載ってしまうのでクレジットカードやローンを組めません。

 

ただしこの信用情報機関に掲載されている事故情報は5年で消えるそうです。
ですから5年たてばクレジットカードやローンを組むことは可能に。

 

また任意整理中クレジットカードが持てないと不便だという方はデビットカードをお持ちになることをオススメします。
デビットカードは基本的にクレジットカードと同じように使えます。
クレジットカードとの違いは、そのば場で銀行の残高から引き落としされるということ。

 

ですから任意整理中でもデビットカードを持つことでこのデメリットは軽減されます。